↑ をクリックすれば、トップページへもどります。
本文へジャンプ



自立生活(じりつせいかつ)プログラム(ILP(あいえるぴー)

自分(じぶん)らしい生活(せいかつ)(おく)(うえ)基本(きほん)となる経験(けいけん)技術(ぎじゅつ)知識(ちしき)を、自立生活(じりつせいかつ)をしている先輩(せんぱい)たちと、共有(きょうゆう)するのが目的(もくてき)です。

自立生活(じりつせいかつ)(おく)るための様々(さまざま)制度(せいど)(まな)びます。これは経済的(けいざいてき)自立(じりつ)のための制度(せいど)介助者(かいじょしゃ)(やと)うための制度(せいど)などが(ふく)まれています。

社会参加(しゃかいさんか)のための知識(ちしき)(やしな)います。金銭(きんせん)管理(かんり)外出(がいしゅつ)仕方(しかた)電車(でんしゃ)()(かた)などがこれにあたります。

自立生活(じりつせいかつ)重要(じゅうよう)技術(ぎじゅつ)である介助者(かいじょしゃ)との関係(かんけい)(つく)(かた)や、自分(じぶん)()べたい料理(りょうり)仕方(しかた)などを()につけます。

このように、(しょう)がいを()っていても自分(じぶん)意志(いし)選択(せんたく)で、自分(じぶん)(のぞ)自立生活(じりつせいかつ)実現(じつげん)するための技術(ぎじゅつ)知識(ちしき)(つた)()い、体験(たいけん)()かち()いを中心(ちゅうしん)にプログラムをすすめていきます。

     

 BACK           NEXT