自立生活センター松山について

どんな重度障害者
施設病院ではなく、地域混じりあって暮らす世の中

地域で生きるということは、いろんな人の中で暮らし、地域社会の一員として互いに必要とされることだと考えています。
誰かをはじき飛ばす社会は、弱く、もろい。
多様性が社会の進化には必要な条件です。

わたしたちは「どんな重度の障害者」も「施設や病院ではなく地域の中でいろんな人とまじりあって暮らす」
ことを目指して、運動や事業をしています。
近くに立ち寄られたら、是非センターに寄ってみてくださいね。

理事長 河本 満幸

センターの主な活動内容

センターの主な活動内容

  • 施設や家族と同居している障害者が、
    一人暮らしを始めるためのサポート
    ピア・カウンセリング自立生活プログラム
  • インクルーシブ社会の実現をめざす活動、権利擁護
  • 障害者が地域で生活するために必要な福祉制度など
    様々な情報を提供
  • 介助者の育成と介助派遣サービス、福祉有償運送サービス事業
  • お花見交流会、萱町商店街夏祭り夜市出店、大学祭イベント、
    現任研修会(災害関連・感染予防)など 各種イベントの開催

センター概要

名 称 特定非営利活動法人 自立生活センター松山(CIL松山)
代表者 理事長 河本 満幸
所在地 〒790-0813 松山市萱町2丁目8-2 山田ビル1F [MAP]
電話番号 089-986-3245
FAX 089-935-6782
E-mail こちらからお問い合わせください
開設年月日 2001年9月10日
センター概要

法人沿革

  • 1990年現在のセンターの母体となる「障害者の自立支援センター」発足
  • 2001年「特定非営利活動法人 自立生活センター松山」発足
  • 2002年ヘルパー派遣 開始(市委託)
  • 2003年障害福祉サービス(居宅・重度訪問介護)開始
  • 2008年介護保険サービス 開始
  • 2009年自家用有償旅客運送(福祉有償運送)開始
  • 2009年萱町に事務所移転
  • 2011年障害福祉サービス(一般相談支援)開始

関係団体

PAGE TOP